17-コンテンツ用:横並び広告表示ウジェットの利用について

ホーム > テンプレートの設定  »  2017-01版 > 17-コンテンツ用:横並び広告表示ウジェットの利用について

17-コンテンツ用:横並び広告表示ウジェットの利用について

横並び広告表示の設定例

「コンテンツ用:横並び広告表示」に記述した広告は、記事ページの下部に表示されます。
また、ウィジェットセット「トップページコンテンツ」に追加するとトップページでも表示させることができます。

mt020.jpg

コンテンツ用:横並び広告表示」ウィジェットは、スマートフォンでは左側の広告を非表示にしています。
アドセンス広告では特定の画面サイズのとき、広告ユニットを隠す方法が記載されています。
広告ユニットを隠す(特定の画面サイズのときに広告を隠す場合)
したがって、当広告での非表示は規約違反にあたらないと判断することもできますが、非表示になる広告部分にアドセンスを設定する場合は自己判断にて設定していください。

簡単に規約違反を回避するには、左側(非表示にする側)の広告欄にはアドセンス広告ではなく、ASP等で提供される広告をご利用されるといいでしょう。

また、アドセンス広告では、コードの限定的な修正が許可されていて、ウィンドウ幅を指定して広告を非表示にすることができるので、双方共、アドセンス広告にすることが可能と判断しています。
 
決まった画面サイズにのみ広告を表示するには、CSS3 メディアクエリを使用して特定の画面サイズで広告を隠すように広告コードを変更します。変更方法については、次の例をご覧ください。
<style type="text/css">
.adslot_1 { display:inline-block; width: 320px; height: 50px; }
@media (max-width: 400px) { .adslot_1 { display: none; } }
@media (min-width:500px) { .adslot_1 { width: 468px; height: 60px; } }
@media (min-width:800px) { .adslot_1 { width: 728px; height: 90px; } }
</style>
<ins class="adsbygoogle adslot_1"
data-ad-client="ca-pub-1234"
data-ad-slot="5678"></ins>
<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<script>(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});</script>

この例では、画面の幅が 400 ピクセル未満の場合は広告が表示されません。
  上記の様に、アドセンスでは限定的にコードの修正が許可されています。

上記の利用例

コンテンツ用:横並び広告表示」ウィジェットで、双方共アドセンス広告にしたい場合は、この方法を利用することで規約違反を避けることができると考えられます。
下記は、CSSの設定に合わせて、左側の広告について表示・非表示を設定してみました。
 
SP1230の場合



 
SP1240の場合




data-ad-client="ca-pub-1234″、data-ad-slot="5678″ は修正が必要です。



キーワード


コメントする